シミ対策に効果のある化粧品の選び方

Beautiful asian woman

シミ対策にどの化粧品を選んでいいのか分からない、と悩んでいる方は多いと思います。

シミには紫外線によるもの、女性に多い肝班、炎症性色素沈着など様々な種類があります。

日常生活の中で紫外線を浴び続けると、肌が老化してしまうのでシミになってしまいます。

また、目や口の周辺に左右対称に淡い茶色のシミが現れるのが肝班で、女性特有のホルモンバランスの変化が原因となっているようです。

化粧品かぶれや、やけど、ニキビなどの皮膚の炎症が原因でできるシミが炎症性色素沈着で、活性酸素が発生してメラニン色素が生成された後、肌に沈着したものがシミとして現れます。

シミ対策化粧品に含まれている美白成分には様々な種類があるので、肌質やシミの程度を確認した上で、自分に合った化粧品を選ぶことが大切です。

乾燥肌でお悩みの方は、美白成分が含まれていて保湿力の高いものを選ぶと良いでしょう。

また、オイリー肌の方はさっぱりした使い心地のものを、ニキビ肌の方は、シミやニキビの原因となる皮脂の分泌を抑制する効果のある、ビタミンCなどが配合された化粧品が良いでしょう。

シミがあまり目立たない状態の時のシミ対策には、保湿メインの美白基礎化粧品を使うのが理想的ですが、目立つシミが既にできてしまっている場合は、シミを薄くする成分配合のクリームや美容液を使用すると効果が期待できます。

また、良いシミ対策用の化粧品を揃えるのは予算的に厳しい場合もあるので、シミ対策用の美容液を1つだけ取り入れるだけでも効果があるでしょう。

シミ対策コスメの種類と効果

シミ対策コスメでは、美容液がやはり人気があります。

化粧水や乳液にも美容成分は含まれていますが、美容液に含まれる成分は濃度が違います。

非常に高濃度になっていますので、同じ成分であっても非常に優れた効果を発揮します。

予防のためなら地道にケアを行っていく方法もありますが、既にシミができている場合には早急に薄くしたいと誰もが考えるはずです。

そのような状況で低い濃度の美容成分をつけてもじっくりと効果を待つことができませんので、集中的にケアを行うために高濃度の美容液を使うべきです。

美容液は顔全体に使うというよりもピンポイント使いのことが多く、シミの元になっているメラニンの還元作用も強くなります。

毎日のケアでは、洗顔も利用したいところです。

洗顔といってもただ洗うだけでなく、古い肌細胞を排出させることができます。

利用するのはピーリング効果のある石鹸や洗顔剤であり、週に1~2回使用すれば肌細胞の生まれ変わりを早めることが可能です。

代謝が何らかの原因で落ちてしまうとメラニンを含む肌細胞がいつまでも残ってしまい、それがシミの原因になるのですが、ピーリングの働きで強制的にリセットできればトラブルを回避できます。

濃くできてしまったシミを治したい時でも週に1~2回というペースを守ることが重要であり、毎日のように使うのは避けなければなりません。

確かに効果の高いものではありますが、その分刺激もありますので、肌の負担になります。

シミ対策のスキンケアにおいて気をつけたいこと

シミ対策のスキンケアでまず気をつけたいのは、年間を通じて紫外線対策を行うと言うことです。

シミの原因であるメラニン色素は、肌をダメージから守るために過剰に分泌されます。

そして肌ダメージを与える存在の筆頭として挙げられるのが紫外線です。

紫外線は季節を通じて多少、強弱の差はあります。

しかしいずれにしても、必要以上に浴びすぎるとメラニン色素の生成が過剰になることは明らかになっています。

ですから季節を問わず紫外線対策を行うことは、シミ対策の基本中の基本であり、なおかつ最も重要なことと言えます。

また肌ダメージとして忘れてはいけないのが、肌に対する物理的衝撃です。

このように書くと、そんなのものは肌に与えていないと思われる方も多いかもしれません。

けれど実は、化粧水をパッティングすることや洗顔で肌を擦ることが、この物理的衝撃に該当していることも多くあります。

このような、本人はさほど自覚していないけれど力を入れ過ぎたスキンケアは毎日のことだからこそ、そのダメージが蓄積されていくことで将来的なシミの発生につながる可能性も大いにあります。

ですからシミ対策に必要なスキンケアとしては、それを行う際にはできるだけ肌に衝撃を与えないと言うことを意識するのも、とても大切なことです。そしてメラニン色素をシミとして肌表面に出現させないことも効果的です。

このためには肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進させることを心がけて下さい。

そしてそれと共に、メラニン色素の活動を抑制する作用がある成分、たとえばビタミンCやプラセンタエキスなどが配合されたスキンケア製品を使うとより効果的です。

シミ対策に重宝する化粧水のパワー

化粧水はスキンケア用品の中で、一番重要なものとされています。

シミ対策の基本は、よく洗浄をしてから保湿することです。

これはスキンケアの王道でもあり、時間のない方が手短にケアしたいときは洗顔と保湿を行えばOKです。

そういうことからもおすすめしたいのはライスフォース化粧水になります。

化粧水をたっぷりと使用しておけば、肌の弾力性を維持しやすいのです。

肌がプルプルしているときは、非常にダメージを受けにくくなっているでしょう。

肌の状態が思わしくないと感じるときは、決まって肌が乾燥していたり、脂ぎったりしています。

正常肌に整えることが最大のシミ対策となりますから、まずは乱れた肌バランスを正常にしていきましょう。

十分に保水された肌はプルプルしており、紫外線を浴びても黒くなりにくいのです。

外出するとすぐに黒くなったり、軽いヤケドのような状態になったりする方は、保湿力が足りていないと考えてよいでしょう。

シミ対策用の化粧水を使用して、肌を乾燥から守ってあげましょう。

敏感肌に対応した化粧水は刺激が弱いので、すべての肌質の方が使用できます。

すでに紫外線でダメージを受けている肌をケアするためには、敏感肌用のスキンケアがおすすめです。

化粧水は洗顔後に使用するのが効果的であり、特に入浴後の使用はシミ対策として最適です。

肌の保湿力が上がるタイミングは就寝中なので、このタイミングで保湿・美肌成分をたっぷりと与えておきましょう。

あとはターンオーバーを正常にするために、質のよい睡眠をとることです。

シミ対策に効果的な成分について

シミの原因となっているのはメラノサイトから生成されたメラニン色素です。

メラニン色素は紫外線の影響を受けて作られるものがほとんどのため、まずは紫外線対策を行うようにしましょう。

それと同時に紫外線に当たった肌がメラニン色素を作り出してしまった後のシミ対策も重要になってきます。

シミができるメカニズムは、紫外線が肌に当たるとチロシナーゼという酵素がメラノサイトにメラニン色素を作るように指令を出します。メラノサイトの活性化を抑えることができるのがトラネキサム酸です。

他の美白成分では効果がないと言われているホルモンが原因のシミにも効果があると言われています。

チロシナーゼの働きが活性化するのを抑制してメラニン色素の発生を防ぐ成分としてはビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸、プラセンタ、トラネキサム酸などがあります。

チロシナーゼ自体の数を減らすリノール酸やマグノリグナンもシミ対策に効果が期待できると言われています。また「肌の漂白剤」とも言われるほど美白効果が高いハイドロキノンもシミ対策に有効です。

ハイドロキノンはチロシナーゼの働きを抑制する効果とともに、メラニン色素を作る原因となる細胞のメラノサイトの数を減らして、これからシミが出来てしまうのを防ぐという効果があるのが特徴です。

メラノサイトの数が減ればメラニン色素の生成量が減るのでシミができにくくなるのです。

このように、シミ対策成分は様々な働きでメラニン色素ができるのを防いでくれます。